手軽に節約、お金の知識、ときどきスマホや趣味に脱線するブログ

ごまさんのシンプルリッチ生活

スマホ、携帯、ネット

テザリングはBluetoothとWifi接続でバッテリー消費が変わるのか検証~ポケットWifiで計測した結果

投稿日:2019-04-16 更新日:

テザリング は Wifi と Bluetooth どちらがいいのか?実際に試してみた

ポケットWifiを持ち歩いてスマホやタブレットの通信をしている。今まではWifi経由で接続していたのですがBluetooth接続にしたらバッテリーの持ちが全然違いました。

結果から言うと Bluetooth接続=バッテリ-減らないけど遅い という認識はあったのですが、そこまで速度は気にならずにバッテリーの持ちがすごくよくなったので実際の速度とバッテリー消費を踏まえてメリット、デメリットを説明します。

実験に用いる機器

テザリング親機 >ポケットWIFI    MR04LN

少し古いですが、SIMフリーのポケットWifi端末です。スペック的には Wifi接続で 最大12時間、bluetoothで最大24時間通信可能と言うことです。Bluetoothのほうが2倍電池持ちがいいということですね。

SIM >楽天モバイルのデータ通信SIMをさしてテザリングします。

子機  >iphone7 一台とします。バックグラウンド通信は最小限に抑えた設定にしてあります。

計測時間 6時間
データ通信 30MB前後

検証開始

計測時間は約6時間、データ通信は30MBとします。ほぼ待機状態です。

Wifi 接続の場合

ポケットWifi で接続します。 子機のiPhoneは Wifi:ON /モバイルデータ通信:OFF/Bluetooth:OFF

計測時間 13:07~19:01 約6時間

計測前

バッテリー 72%
データ通信量  224MB

子機 iPhoneのバッテリー 90%

計測後

バッテリー 42%
データ通信量  269MB

子機 iPhoneのバッテリー 73%

Wifi 計測結果

親機ポケットWifi バッテリー消費 30%  :データ通信量 33MB

iPhone バッテリー消費 17%

 

Bluetooth 接続の場合

別の日に Bluetooth接続を実施しました。 子機のiPhoneは Wifi:OFF /モバイルデータ通信:OFF/Bluetooth:ON

計測時間 10:03~16:01 約6時間

計測前

バッテリー 70%
データ通信量  320MB

子機 iPhoneのバッテリー 94%

計測後

バッテリー 55%
データ通信量  350MB

子機 iPhoneのバッテリー 80%

Bluetooth接続 計測結果

Wifi バッテリー消費 15%  :データ通信量 30MB

iPhone バッテリー消費 14%

結果比較

 

計測時間 約6時間 親機バッテリー消費量 データ通信 iphone消費量 平均通信速度
Wifi 30% 33MB 17% 2.5Mbps
Bluetooth 15% 30MB 14% 1.5Mbps

バッテリーのもちはポケットWifiのスペック通り約2倍の違いが出ました。

子機側のiphoneはバッテリー消費に違いはありません。

以上の実験に加えて、17時頃にそれぞれの接続方法で3回ずつスピードテストを行いその平均速度(下り)を表に掲載しました。はやりWifi接続の方が速くなりました。格安SIMのためWifi接続でも2~3Mbpsのスピードでしたがモバイル通信の速度が上がればかなり速くなると思います。

●Bluetoothならバッテリー消費は1/2

●通信速度はWifiのほうが速い、電波が届く距離もWifiのほうが広い

Bluetoothの性質上通信速度は1.5Mbpsあたりが限界ですが、ブラウジングやLINE、低画質の動画再生なら問題ありません。

テザリング方法のまとめ

親機のバッテリー消費を抑えるならBluetooth接続

速度を優先させるなら Wifi接続

-スマホ、携帯、ネット

Copyright© ごまさんのシンプルリッチ生活 , 2019 All Rights Reserved.