手軽に節約、お金の知識、ときどきスマホや趣味に脱線するブログ

ごまさんのシンプルリッチ生活

社会の罠

エムフェイスなど投資詐欺の見分け方

投稿日:2019-03-14 更新日:

以前からネット上で怪しいと騒がれていたmface (エムフェイス)の関係者4人がついに逮捕されました。「絶対に損しない。必ずお金が増える」と勧誘して特定商取引法違反(不実告知・不備書面交付)の疑いでの逮捕です。

実は以前、僕の友達も誘われたことがあると聞いて、その当時調べたらおおもとのマレーシアのmfaceに捜査が入った頃で怪しいなと思っていたらその後創業者が逮捕されました。その後、台湾、韓国でも逮捕者が出ています。

mface エムフェイスとは

エムフェイスの詐欺スキームは主にマルチ商法(MLM)で、ポンジスキームで資金を回していたと思われます。ちなみにネズミ講は違法ですが、マルチ商法自体は合法です。

今回の逮捕は「絶対に損しない、必ずお金が増える」と言って勧誘した事が特定商取引法違反となったようですが、捜査が進めば他の罪も問われるでしょうね。

エムフェイスの大まかな仕組み

エムフェイスがどんな仕組みか調べてみましたが、かなり複雑なシステムになっています。全部調べるとキリがないので全体像だけ説明します。(多少間違っているかもしれません)

まずGRCというウェブ広告を出す権利=クーポンを買います。GRCは企業が広告料を払うと価値が上がり数も増えていきます。値下がりはしないとうたっていました。

GRCという換金できるクーポンを買う

・広告収入でGRCが増えていく
・GRCは会員間で売買や新規会員を勧誘でボーナスがもらえる

GRCがすごい勢いで増える

GRCが「3年後に100倍」になるなどと勧誘していたようです。
実際、GRCは「画面上」ではどんどん増えて言ってたみたいですが、一番問題なのは換金方法が難解でしかもルールが頻繁に変わるために実質換金できなかった点のようです。

GRCをおいておけば「画面上」どんどん資産が増えるわけですから、そもそも換金しようと思う人も少なかったんじゃなかったのかなと思います。換金したくても運営側は「もう少し寝かせた方が儲かりますよ」と思いとどまらせることもできます。

怪しい点がたくさん

今回日本で逮捕された吉野容疑者らは、「絶対に損しない。必ずお金が増える」と勧誘して特定商取引法違反(不実告知・不備書面交付)の疑いで逮捕されています。

この「絶対に・必ず」とか「損しない」って言うのは、常識的に考えてもおかしいですし特定商取引法や景品表示法など多くの法律で規制されているので違法行為です。

必ず儲かるなら銀行などから現金をかき集めて自分がやればいいわけです。それを言うと騙す側は「みんなで幸せになりたから」とか「最低限○○にお金がかかるので最初だけです」とか言うのが常套文句ですから気をつけましょう。

実際自分なら、自分で稼いで赤の他人には絶対教えたくないし、信用できる友人にはタダで教えます。逆に言うと、それ自体は儲からないから会員を増やしたり、ものを売りつけてくるわけです。

まっとうな儲かる商売をする人なら、自分だけがんがん儲けて会社作って大きくして、従業員たくさん雇って儲けを出します。これなら道理にもかなっているし法律的にも何ら問題もありません。

怪しい誘いをどうやって見抜くか

完全に詐欺でなくても(法律に引っかからなくても)自分が損をしたり、人の信用を失うので引っかからないようにしましょう。典型的な例を説明します。

夢を見させる、できる気にさせる

今回のエムフェイスでは「人生どん底で自殺寸前だった私がここまでなれた」という様な話で感情に訴えかけていたようです。

業者の一番の特徴は、「今の生活に満足してますか」「夢を叶えて豊かになりましょう」といって誘ってくることです。そんな話に騙されないと思っていても実際セミナーに行くと、スゴイ!本当にできるかも?と思わせます。

なんというか、映画館で映画を見た後の感じに似ています。うまい業者ほど巧みにストーリーを作り込みます。とにかく話を聞いたり、セミナーに参加してはいけません。

また、「誰でも儲かります」といって成功した人の体験談とかを本人が話したりしますが、本当かどうか怪しいです。本当の話だったとしても、全会員の総数のうち成功者が何人でているかといえばほんの少しです。たとえば 10万人会員がいて8万人が年収1,000万円稼いでるんなら信憑性はありますが、まずそういう事はないですし、具体的な人数を聞いても教えてくれません。

アムウェイとかのMLMで1,000万儲けてる人なんて、自分でまっとうな商売で起業してガンガンもうけた方が儲かると思うんですよね。優秀なのかアホなのか分かりません.…。

急がせてきたら注意

セミナーなどで、その気になってる内にその場で会員になったり、物を売る契約をさせられることもありますので注意してください。悪質業者は「早くやったほうが有利だ」などと言って急がせることが多いです。

一般の商品でもある手法ですが、人間「今しかない」「限定」といわれると考えなしに焦って決断してしまいます。

投資系はほとんど詐欺です

利回りが 年5%以上は怪しい

すぐに数倍になりますとか、利回りが年10%以上の投資は間違いなく詐欺投資です。5%でも怪しいです。なぜかというと金融のプロである、銀行・証券会社や大手ファンドでも年5%以上のパフォーマンスを出すのは難しいです。

もしそんなおいしい投資があるなら彼らが先に手を出してます、素人に話が回ってくることはまずないです。個人でも年利10%もあるなら銀行から金を借りてでも自分でやるのになぜ人を誘うのか謎ですよね。

今回のように「3年後に100倍」はもう思いっきり嘘です。

リスク説明をしない

どんな商品にもリスクは必ずあります。リスクが低い商品もありますがリスク0の商品は世の中にはありません。そもそもまともな金融商品ではリスクもしっかり説明して販売しないと違法になります。

今回のように「絶対損しない」と言ってる時点でもう詐欺です。ここまで極端じゃなくともリスクを自分から説明しない時点でその商品を買ったり投資をしないほうがいいです。

人を勧誘する、モノを売りつける系は避ける

典型的なマルチのように、人を勧誘したらマージンがはいるとか、物を売ったらマージンが入るとかは避けたほうがいいです。

違法ではないですが、普通赤の他人に売ろうとしても売れないので家族や友人がターゲットになります。そうすると信用を失いやすいです。相手からするとずっといやな印象が残ることが多く、長い目で見て金額以上に損をすることになります。

逆に、会員にならない?と誘われたときに会費が高かったり、あなたも勧誘すればもうかると言われたら黒です。

その他特徴

ほかにも典型的な例があるので並べておきます

  • 有名人もやっている →お金を出せば協力します
  • 有名会社がスポンサー→会社が儲かれば協力します
  • ホームページが綺麗    →業者に頼んで作れば綺麗にできます

最近だとスルガ銀行が不正融資で問題になっていますし、有名な人や会社だから安心と思うのはやめたほうがいいです。

ココに注意

・感動させる、やる気にさせてきたら注意
・急がせてくる
・リスクを説明しない
・利回りが年5%以上

怪しいと思ったら

エムフェイスのように極端じゃなくても、分かりにくいグレーな話はたくさんあります。

ココがポイント

・分からないことには手を出さない
・怪しいと思ったらすぐ相談
・インターネットで業者名を調べてみる
・絶対にすぐに決めない

分からないものに手を出さない。迷ったら周りや消費者センターに相談してする。自分で調べる!有名な業者だとインターネット検索に引っ掛かります。一番大事なのは即決しないこと!

みなさんも、少しでも怪しげな話には乗らないように気を付けてください。

だまされる心理の面白い記事がありましたので時間のある方は読んでみてください

-社会の罠
-

Copyright© ごまさんのシンプルリッチ生活 , 2019 All Rights Reserved.